V.O.Anywhere ~ どこでもオフィス ~

2017年12月26日販売開始

V.O.Anywhere ~どこでもオフィス~の概要

V.O.Anywhereは、インターネットがつながる環境であれば”どこから”でも、パソコンやタブレット等スマートデバイスを使用して、クラウド上の自分専用PCの全ての情報に仮想デスクトップを通じて、安心・安全にアクセスして利用することができるサービスです。

従来の一般的なオフィスのIT環境
  • パソコンやタブレット等スマートデバイス、情報を共有するためのサーバや複合機等共有機器が社内ローカルネットワークに接続されている。
  • オフィスのローカルネットワークは、インターネットに接続されており、インターネットの脅威・リスクについては、基本的にネットワークに接続している機器毎に対策を講じてリスクを軽減している。
  • ローカルネットワークに接続する機器の増加に比例して、管理コスト・負荷が増加。
    →接続する端末ごとに対策を講じる必要があり、各端末毎のセキュリティレベルの均一化が非常に困難です。
  • 機密情報を持ち出すことが非常に容易であり、基本的には、オフィスにおいて従事する人材の情報リテラシーに依存しており、誰が何を行っているか等、管理することが非常に困難。
  • オフィス外から、社内のスタッフがオフィス内機器や情報にアクセスすることができないため、資料作成や確認のためにオフィスへ毎回戻らねばならない。
  • 一端末からでも不正侵入者からの社内へのアクセスを一度許してしまうと社内ネットワーク全てが危険にさらされてしまう。
  • BCP(事業継続計画)対策が不十分。
V.O.Anywhereをご利用になると
  • V.O.Anywhereは、自分専用PCの全ての情報やグループウェア等のアプリケーションサーバ、情報共有のためのファイルサーバ等を社外インターネット上に安全に保有・使用することができるサービスです。
  • V.O.Anywhereと、自社オフィスや外出先等のパソコン又はタブレット等スマートデバイスをVPN接続することにより、情報漏洩のリスクを冒さずに自分専用PCのデスクトップを安全に表示・操作することができます。
  • V.O.Anywhereを通じたインターネットの接続を行うことによって様々なインターネット上の危険から、UTM (*1) が社内情報をガードするため、利用者は安心・安全にインターネットを利用することができます。
  • V.O.Anywhereは、仮想デスクトップの全ての操作ログを記憶しているため、内部犯行を抑止することができます。
  • 社外からの業務状況を容易に監督・把握できるため、効率の良いテレワーク導入・推進のIT基盤となります。
  • BCP(事業継続計画)対策の一つとなりリスクを軽減することができます。
  • V.O.Anywhereを使用することにより、パートナー企業等と協業し安全に情報をリアルタイムにやり取りをすることが可能となり、効率よく業務を遂行するIT環境を構築することができます。
(*1) UTMとはUnified Threat Managementの略で、統合脅威管理と呼ばれ、ファイアウォールの他、Webフィルタリング、アンチスパム等のセキュリティ機能を一つに統合し、様々な脅威からネットワークを守ります。
サイバーセキュリティ対策の必要性

サイバー空間は、情報の自由な流通が確保されることにより、 新たな創造・発想による無限の価値を生み出す場となり、計り知れない恩恵をもたらしてきました。
発展を続けるサイバー空間の中で流通する情報量は爆発的に増加している中、世界規模でのサイバー攻撃が発生しており、サイバー空間における脅威がますます高まっている状況であり、近年、企業に対するサイバー攻撃が激化し、業種・業界、大企業やグローバル企業、中小企業を問わず行われ、大きな損害が発生するようになっています。
IT活用を推進する中で、サイバーセキュリティリスクを認識して対策を進めることが重要です。

V.O.Anywhereを利用した際のメリット

V.O.Anywhereをご活用いただくことにより、次のようなメリットがあります。

メリット1

- サイバーセキュリティ対策を実現 -

  • UTMにより、不正侵入経路を塞ぐことによって、サイバー攻撃の脅威,リスクを軽減します。
  • 操作ログ機能により、利用者の犯行を抑止,セキュリティモラル向上や問題を容易に発見することが可能です。
  • パソコンやスマートデバイスにアプリやデータは保存しないため万一の盗難や紛失の際も、データの漏洩リスクは全くありません。
メリット2

- 柔軟な勤務形態等の実現 -

  • 自社オフィス外から業務を実施することができるため、効率の良いテレワークを導入・推進することができます。
  • 業務を遂行するための情報や業務アプリを、クラウド上の自分専用仮想デスクトップに移行することにより、物理的なロケーションに縛られることなく業務を実施することができるため、BCP(事業継続計画)対策の一つとなります。
  • フリーアドレスオフィスを実現するIT基盤となります。
よくあるご質問

仮想デスクトップってなんですか?

仮想デスクトップとは、クラウド上のサーバにおける仮想空間で提供しているデスクトップです。仮想デスクトップで稼働するアプリや情報は、全てV.O.Anywhereで稼働,保存されます。

VPNってなんですか?

VPNとはVirtual Private Networkの略で、インターネット等の公衆網を利用する場合でも、通信を暗号化して安全に通信することができる技術です。

UTMってなんですか?

UTMとはUnified Threat Managementの略で、統合脅威管理と呼ばれ、ファイアウォールの他、Webフィルタリング、アンチスパム等のセキュリティ機能を一つに統合し、様々な脅威からネットワーク及びそのネットワークに接続している機器を守ります。

クラウドUTMってなんですか?

UTMとはUnified Threat Managementの略で、統合脅威管理と呼ばれ、ファイアウォールの他、Webフィルタリング、アンチスパム等のセキュリティ機能を一つに統合し、様々な脅威からネットワークを守ります。
V.O.Anywhereでは、そのUTMをクラウド上で利用可能にし、V.O.Anywhere内のネットワーク及び仮想デスクトップや各サーバを守っています。

iPhoneやiPadでも使えるの?

iPhoneやiPadからV.O.Anywhereに接続してご利用になることができます。

アンドロイドのモバイル端末でもつかえるの?

アンドロイド(Android)のスマートフォンやタブレットからV.O.Anywhereに接続してご利用になることができます。

Scroll Up